靴,臭い,解消

靴から嫌な臭いを消すお手軽な3つの方法

ずっと靴を履いていると、足は清潔に保つことができていても、靴から嫌なニオイがただよってくることがありますよね?


このページでは、お手軽で、すぐにでも出来て、無料または100円ほどで効果抜群の靴から臭いを解消する方法について書いています。


参考にどうぞ
参考にしていただけると嬉しいです。


 

ある硬貨を入れるだけで消臭剤代わりになる!?


10円玉
そのある硬貨とは10円玉です!
なぜ10円玉で臭いが消えるのかというと、10円玉は金属の銅で作られています。
銅は水分にくっつくと、反応し、消臭作用を発揮します。


靴の中に10円玉を5枚ほど入れておくと、劇的な消臭効果は期待できませんが、そこそこの効果を発揮します。


旅行の最中であったり、ちょっとしたときに身近に10円玉はあるので、覚えておくと使えます。

 

ある白い粉を要らない靴下に詰めて入れるだけ


ミョウバン
ある白い粉とはミョウバンです。
ミョウバンはおそうじにも使えますし、お風呂の入浴剤にも使える、万能アイテムです。


薬局にも置いてありますし、楽天やアマゾンなどの大手ショッピングでも手軽に入手できます。


そんなミョウバンですが、消臭剤として使えます。
なぜミョウバンは消臭効果を発揮するのかというと、ミョウバンは酸性で、ニオイの原因のアンモニアはアルカリ性なので、中和されることから臭いを抑えることができます。

 

3つのポイントを抑えて靴を置いておくだけで臭いがなくなる!?


日陰で風通しが良い場所
あなたは靴を玄関の棚の中にずっと入れていませんか?
または、玄関に置きぱなしにしていませんか?


一日靴を履くと、足から約200mlの汗が出るので、その大量の汗を靴が吸収してしまいます。


それで、しっかりと乾燥をさせないまま放置すると雑菌が繁殖して臭いが発生しやすい靴になってしまいます。


靴を使わないときときに、たまにでもすると効果を発揮する方法なのですが、ポイントが3つあります。


3つのポイントとは、

 

@靴を風通しが良い場所に置いておく

 

A靴を乾かすときは日陰に置く

 

B靴を干すときは斜めに立てかけて置く

 

 

これだけです。

 

@風通しが良い場所に置いておく

 

靴の臭いの原因は足の汗を靴が吸っているにもかかわらず、生乾きで使い続ける点にあります。
だから、時間があるときにでも、靴を風がある場所に置いて乾かしておきましょう。

 

A靴を乾かすときは日陰に置く

 

靴を干すときは、日陰に置いておいておきましょう。
なぜかというと、日光が良くあたる場所に靴を置いておくと、痛みの原因になってしまうからです。


スニーカーなどの布で表面がおおわれている靴は、太陽光線が原因で色があせてしまいます。
また、革靴の場合は、直射日光が当たると急激な乾燥を引き起こし、革が傷んでしまいます。

 

B靴を干すときは斜めに立てかけて置く

 

なぜ靴を斜めにする必要があるのかというと、風がつま先まで入りやすくなり、しっかりと靴を乾燥させることができるからです。


せっかく靴を干すのであれば、靴を壁やものに立てかけて、斜めにするといいですね。

 

靴の嫌な臭いを解消する方法〜まとめ〜

靴から嫌な臭いを解消する方法まとめ


@10円玉は銅の作用で消臭効果を発揮する。

 

Aミョウバンはアンモニアを中和してくれて臭いを抑えてくれる。

 

B靴はたまに日陰の風通しが良い場所で、斜めに立てかけておく。